トップ | 一覧 単語検索 最終更新 | ヘルプ | 最終更新のRSS

FrontPage のバックアップ(No.5)


この用語集について

この「サイバー法用語集」は,上記のように,電脳空間(サイバースペース)に関する法において用いられる言葉あるいはこれと関連する言葉を選択し,これに解説文を付することによって,閲覧するみなさんに有用な情報を提供することを目的とするものです。そして,こうすることがひいては私自身の利益となるであろうことを期待するものであります。

各項目の解説文について

法学の基礎知識を有する人を標準として,なるべく簡潔に述べるようにしています。標準を定めたのは,解説文に出てくる言葉のひとつひとつまでをもさらに解説しなければならないという事態を避けるためです。また,解釈(学説)については,必要に応じて複数掲げることもありますが,原則的には一般的見解または中庸なもののみを掲げるようにし,なるべく私見に拘泥しないようにしています。ただし,現段階において一般的かつ有力な解釈(通説)があまり見受けられないような事項に関しては,当方が研究者としての考えを述べる場合もあります。

この用語集の仕様

2007年 9月より,この用語集を Wiki で運用することとしました。ただし,一般には読み取り専用として提供されます。当面の間,編集できるのは私関堂のみとして運用していきます。

作者について

  • 関堂 幸輔 (せきどう こうすけ)
  • 1969年,札幌生まれ。専攻は民法,知的財産法,情報法。
  • 現在,大阪工業大学知的財産学部専任講師。
    ※ その他詳細は メイン・ページ をご覧ください。
.